インプラント治療で美しい歯を保つ│歯の健康は美の秘訣

歯医者

歯を埋める

歯型と手

一度失った歯は、もう戻すことができません。現在、一度失われた歯はインプラントを利用して補うということが行なわれています。現在欠損した歯を埋める最高の施術と言われています。

Read More

様々な方法

果物と医療器具

歯を失った場合、行われる治療は部分入れ歯とブリッジ、インプラントがあります。この中で、他の歯に影響を与えないと言われている方法がインプラントです。人口歯を利用する方法で、自分の歯のように扱うことができます。

Read More

Associated Link

  • MMデンタルクリニック

    自分が行なう場所でインプラントに失敗してほしくないと考えているならこちらのサイトを確認してみるといいです。

歯の土台を作る

医療器具

インプラントと、他の部分入れ歯やブリッジとの決定的な違いは、義歯そのものに土台があるかどうかの違いです。部分入れ歯は既存の歯に引っ掛けているだけ。かろうじてブリッジは他の葉を土台にしている分、土台があるとはいえなくもありません。しかしながら、欠損歯の部分は実質のところきちんとした土台はないといえます。それに比べて、フィクスチャーと呼ばれる土台を歯茎に埋め込むインプラントならば、ちゃんとした土台があるのです。歯科治療の中でも保険適用外の分野であり、高額な負担を負う必要性はあります。しかしながら、この土台があるということだけでも圧倒的な能力差があり、他の歯にも負担をかけないのです。予後のことまで考慮すると、確実に高いお金を払う意味合いはあるといえるでしょう。

健康な歯をわざわざダメにすることによって、さらなる治療費やロスが生まれます。それならば、欠損歯をきちんと独立して埋めてやることができる方が、健康的かつ快適で、将来的にも安心なのです。また、土台がきちんとあるために自分の歯のように使えるのです。咀嚼力は健康な歯のおよそ8割程度まで回復するといわれている、他の治療法とは決定的に違う能力を持つのです。唯一、歯根膜が無いために自分の歯を利用していた時ほど噛んだ感触が伝わらないという問題だけはあります。しかしながらその条件は他の義歯でも同じであり、自分の歯としての再現度は非常に高いのです。まるで自分の歯を利用しているかのような感覚は、他の治療では得ることはできません。

健康の影響

歯型と医療器具

歯は年齢と共に抜け落ちてしまいます。歯が失われると滑舌が悪くなることや、脳の血流が滞るということがあります。しっかりと元気な日常を過ごすためにも欠損した歯はしっかりと埋めていくことが大切です。

Read More