インプラント治療で美しい歯を保つ│歯の健康は美の秘訣

歯型と医療器具

様々な方法

果物と医療器具

歯科治療における欠損歯の治療には、義歯が利用されます。それはすべての歯が抜けてしまった場合のみならず、一部の歯が一本だけ抜けてしまった場合などにも有用となる方法があります。状況により選択肢や対処が変わってきますから、きちんと技師に関する知識を保つ必要があります。歯を抜歯した場合、その欠損部位を埋めるためには部分入れ歯とブリッジ、そしてインプラントが選択できます。少なからず義歯で間を埋めないことには、歯が移動してしまい更なるトラブルに繋がることがあります。よって義歯を入れることは非常に重要です。部分入れ歯とブリッジは、既存の歯に頼る方法です。部分入れ歯は欠損した歯に変わる義歯を、既存の歯に横から装着して利用します。この方法を選んでいることにより、既存の歯に大きな負担がかかることが問題だといわれています。

歯は、縦の衝撃には強いものの横からの衝撃には弱い傾向にあります。よって、部分入れ歯は既存の歯に大きな負担をかけるといわれています。ブリッジにしても、欠損歯の両隣にある既存の歯を削って、上から義歯を装着する方法であるがゆえにリスクが高いです。既存の歯を削るということは、歯の寿命をそれだけでも縮めることになります。また、噛む能力は部分入れ歯よりはマシですが、期待できないでしょう。全ての点を総合的にカバーし、自分の歯のように利用できるのがインプラントです。インプラントは、歯を失った部分に人口歯根とよばれるものを埋め込み、そこに人口歯をかぶせます。インプラントを利用することで、見た目にも美しく自分の歯と同様の噛み心地を味わうことができます。